« 2018年12月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年2月

20190202府中(ABECUPリーグ)

 ABECUPのWinterリーグ最終節。

 ほしばっじおは途中から合流のため、3試合目まではダイジェストで。

 1試合目:勝ちたかったが、今一つ押しきれずドロー。

 2試合目:試合終了間際にカワイのドンピシャシュートで1-0辛勝。

 3試合目:押せ押せムードで快勝。

 なお、オーハラは2度も女性にボールをぶつけてしまい、自責の念で凹んでいた。




 4試合目は、ますらおが相手。

 このチームはスピードがあるわけでもないし、マークも厳しくない。

 そのため、攻めたくなってしまうが、本職ゴレイロが巧いし、なかなか点が取れない。

 そして、必ずトップに1人張り付いているので、マークが空いてしまう。
 気付いたら常に守備が1対2の状況になっている。

 これで1点先行されてしまうと、焦って相手のペースにハマってしまう。
 正にこの悪いパターンに陥ってしまい、攻めるが点は取れず、逆に取られる。

 終わってみれば0-2で完敗。





 ここで悪い流れを残したくないため、チーム内で反省。

 やはり、ブリキマンは守備からきっちりと入らないといけない。

 そこで活路を見出して攻めに転じる。

 試合の中で修正できなくても、せめて大会の中で修正できることが大事。

20190202_1



 次の試合は、大会の中でも頭1つ抜けている高道ジャパン。

 相手がベストメンバーでないにせよ、強豪であることは間違いない。

 そのため、ハードワークで守備をきっちりすることから入った。

 コートの外からも声をかけてマークを空かせない。

 しっかり詰めていればコースも切れる。

 体を張って対峙して、ギリギリのところで守り切る。

 相手もかなり焦れてきて、シミュレーションまがいのダイブも出てくる。

 相手FKもゴールのギリギリに飛んでくる。

 キャプテンがギリギリでかき出し、シャチョーがギリギリで蹴り出し、守る守る。

 2人で挟み込めば、オーハラから「2人で挟んだら取り切ろう!」と声が出る。

 あまりの緊張感に、交代もしにくい展開。

 それでも最後まで守り切って、ドローで終了。

 最後の最後は攻め始めていただけに、もう少し時間があれば勝てたかも。

 ちなみに、シャチョーからのスローをキャプテンがボレーで決めそうだった。

 決まればビューティフルゴール。 

 とにかく全員が集中して戦った試合だった。

20190202_4




 この調子で最後の試合も、というところだったが、R29相手に崩れてしまった。

 1点目を取ったところまでは良かったが、まさかの4失点で逆転負け。

 R29の助っ人が強力だったこともあるが、悔いの残る敗戦。


20190202_6


20190202_5

20190202_3





 というわけで、リーグ全体の結果は7チーム中3位。

 最終節でもう少し勝てていれば2位でフィニッシュできたので、残念。

 本当に残念。

 なお、他チームからのチームMVPはイッチーノだった。




 終わった後は、カワイが撮影してくれたGoPro映像を見ながら反省会。

 ちなみに、第2節は反省会というより裁判だったらしい(笑)。
 今回は、反省したり、褒めたり、色々話ができて良かった。

 記憶が鮮明なうちに振り返りができるのは良いこと。

 更に、あとでカワイがWebにアップしてくれる。サンキュー。




 リーグの結果は残念だったけど、学びの多いリーグだったと思う。

 夏にはSummerリーグがあるようなので、次はもっと良い結果を目指そう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年4月 »