« 2018年2月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年3月

20180324有明(ソサイチ)

 今日は久しぶりのソサイチ。

 会場の有明スポーツセンターも、かなり久しぶり。

 そして、アニメのフェスがビックサイトで開催中だったために、駅が激混み。




 今回のソサイチは、今までと異なり7人制。

 ということは、フィールドが6人なのでフォーメーションが難しい。

 最初、2-1-2-1で考えた。

 が、実際にコートに来てみると、やたらと縦が短い。

 そのため、4列にすると詰まってしまいそうなので、2-3-1に変更。

 4チーム総当たりの公式戦の前に、フレンドリーマッチをすることになった。




 フレンドリーマッチということで、感触を確かめる意味合いもあった。

 が、始まってみると、どのチームもガチで走ってくる。

 特に、1試合目の相手(黄色チーム)は、チーム全体が連動していて強い。

 こちらも締めて守っているものの、左右に振られるとどうしても中央が空いてしまう。

 そんなわけで、0-1で終了。

 しかし、その後は慣れてきたこともあって、良い感じに対応することができた。

 そして、その中でシステムは、3-2-1に変更。

 後ろの3人は、中央が残る形で両翼が上がったり下がったりの動きをする。

 トップは、縦が短いので中央にいるだけでなく、サイドにも流れる。

 2列目の2人が最も難しく、かなり広い範囲でのプレーが求められることになった。

Img_2321

Img_2315






 公式戦が始まると、7分ハーフなので、より集中力が必要になる。

 今日のブリキマンは人数が多かったので、前後半でターンオーバー制になった。

 が、なかなか勝てない。

 全体的には、チームで締まった守備ができているが、攻撃まで手が回らない。

 攻めの部分では1人で持ち込むことが多く、どうしてもゴールが遠くなってしまう。

 1試合目を0-2、2試合目も0-2で落としてしまった。

 その後は、3試合目にようやく2-2で引き分け。

 更に同じ相手と4試合目で再戦し、ラストにキャプテンのシュートで逆転勝利した。

Img_2332

Img_2325





 【参考】前後半(固定メンバ)のフォーメーション
  前半
             イッチーノ
     マツシタ            ウメ
    ライー     ホシバッジオ   ミューラー
              シャチョー
  後半
              キャプテン
      カワイ              ワッキー
 
    ハラーショ     パパD     レイケルメ
               シャチョー


 シャチョーは、神セーブを連発。

 ワッキーのコーチングも久しぶりで良かった(アシストも決めていたし)。
 
 攻撃も、最後の方は少しパスが回ってきたかなという感じもあったんだけど。

 ここはフットサルをしながらも常に意識して、少ないタッチでパス回しができるように。

 個人的には、2点決めれたのは良かったけど、失点シーンは悔いが残った。

 シュートブロックで体がよけていたので、単にゴレイロの死角になっただけだった。

 全体の守備は悪くなかったので、あと一歩の部分を詰めていきたい。








 というわけで、久しぶりのソサイチは、4チーム中3位という結果に終わった。
Img_2334
 が、面白かったので、また声がかかれば参加しよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

20180310あざみ野(練習試合)

 今日は、あざみ野で3つ巴の練習試合。

 いつものあざみ野チームは、あまり人数が揃わなかったらしく戦力ダウン。

 が、もう1チームはテクニシャンが揃う若手チーム。

 フットワークも良さそうで、厄介な感じ。




 最初からテクニシャンチームとのゲームで開始。

 やはり、ボールを散らしてくるし、1人瞬発力のある若い子がいる。

 が、最近のブリキマンはここで簡単にやられない。

 声を出して、マークの受け渡しをしっかりすることで守備が乱れない。

 初戦を勝って、良い滑り出し。

20180310_4

20180310_1





 今日は、その後も締まったゲームながら、負けることはなかった。

 ハードワークで守備をしっかりしている分、どうしても攻撃が難しい。

 が、ゴレイロから前線にスローするだけでなく、後ろからの組み立てもしてみたり。

 ボールを持ちすぎていたので、タッチするを少なくするように修正。

 珍しくほしばっじおが爆発し、ゴールを量産した。

 (いい時って、ボールがスローモーションで見えるんだよね・・・)







 そんなわけで、守備からしっかり入ることで、ゲームが締まった。

 基本の形はダイヤモンドのまま、臨機にマークを追い回して対応できた。

 ハードワークだったので、1試合6分というのが長く感じるくらい疲れたけど。

 でも、全員がとても満足感の高いゲームだった。

20180310

20180310_6

20180310_5

20180310_3

20180310_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年6月 »