20190609_南町田(ゲーム)

 南町田でのフットサルは久しぶり。

 久しく来ていない間に南口のグランベリーモールが改装のため閉店し、何とも寂しい駅になってしまった。

 今日のフットサルは、朝からキャプテンのタイガーとホーリドンクが参加。

 (なんと2時間の個サルをしてからのブリキマン)



 今日は6チームいて、2面展開のために適度に休める。

 人数も7人なので、交代しながらでちょうどいい感じ。

 レベルとしては、ブリキマンより少し上のチームがほとんど。

 いずれにせよ手を抜いて勝てる相手ではない。



 まずは1試合目。
 
 ヒールリフトを軽々とこなしてしまう金髪の若者がいるチームに手こずる。

 こういうテクニック系の若いチームには翻弄されがち。

 が、1点先取されたものの、2点をとって逆転勝ち。

 その後、2試合を経て、タイガーとホーリドンクがよく個サル参加している黄色チーム。

 ここは相手の弱点を知っていることを逆手にとって、余裕で勝ちたい。

 と思ったら、逆にやられてしまった。

 平均年齢47歳という黄色チームだが、試合巧者だった。

 体力切れにならないようにうまくコントロールしているが、攻めるときは一気に攻め込む。

 未来のブリキマンが志向する形だ。

 ま、それはいいとして、結果的に競り負けた。

 自らのミスから失点に繋がったタイガーが悔しがる。




 しかし、もっと衝撃的だったのは5試合目(1巡目のラストゲーム)。

 若手主体のチームだが、0-5で惨敗。

 久しぶりに「何をしているか分からない」くらいボコボコにされた。

 集中はしていて、人に付いているものの、1つ前でパスを出され、かわされ、後手後手に。

 そして、ゴール前でノーマークになり、ズドンと決められる。

 プレスをかけようとするところをかわされるので、精神的にも疲れる。

 後ろで構えていれば良かったが、前に釣り出されていたのかもしれない。

 シュートもうまかったので、相手にしてみたら面白すぎる展開だったはず。

 とにかくこれだけ何もできなかったのは最近記憶にない。

 

 

 

 それでも、2巡目に入ると気を取り直して勝ち始める。

 まず、カワイが爆発してシュートが決まり始める。

 右からでも左からでもシュートが入り、狙ったところに決まる爽快感。

 更には、2巡目の対黄色チームでは、ライーのボレーシュートが炸裂。

 (左サイドのほしばっじおを追い越したタイガーに縦パス→タイガーが左からクロス→ライーのボレー)

 追い越していくことで相手のマークを外し、逆サイドからも一人上がるという理想的な得点シーン。

 もっとも、この後で右サイドの裏を取られてしまって縦パスを許し、2-2に持ち込まれるという終わり方は良くない。

 最後に0-5の雪辱をはらしたかったが、タイムアップで対戦なく終了。

 やはり、この雪辱は忘れずに今後も精進したい。

 

 

 

 それにしても、南町田駅の寂しさ。

 終了後にみんなでランチと思ったが、駅周辺に何もなく、かなり歩いてココスに辿り着いた。

 グランベリーモールがリニューアルOPENする秋まで、こんな感じなんだろうか…。

| コメント (0)

20190512八幡山(練習試合)

 今日は、初めての八幡山。

 しかも、暑いうえに人数が5人ギリギリ。

 これはもう体力勝負になるな、と始まる前から分かっていた。

 が、行ってみると、更に思わぬ敵がいた。

 このコートのコンディションの悪さだ。

 古いコートというのは分かるが、とにかく滑る。

 よって、踏ん張りがきかないので、あちこちで滑っている人が出てきた。



 

 それでも、今日は3チームで回すということで、最悪の事態は免れた。

 2試合連続になるものの、その後で1試合空く。

 これは5人チームにとってはありがたい。

        

 

 そして、今日の相手チームは2チームとも年齢が高めで、経験者も少ない。

 コートが広いこともあって、結構スペースに余裕がある。

 そのため、ブリキマンのペースでボールを回せた。

 得点は、主にウメッシが決めていく。

 なぜか今日はテクニカルなゴールがよく決まり、CKからの直接ボレーやループシュートなどが決まる。

 相手からも拍手が出てしまうほど。

 これで更にブリキマンのペースになっていく。

 

 

 結局、今日は負けることはなく、ドロー2つを挟みその他は全勝。

 体力的にはかなりキツかったが、試合の流れはコントロールしていた。

 良くなかったのは、やはり暑いと集中力が落ちてくること。

 どうでもいい失点がいくつかあったのは、ある程度仕方ないものの修正をしたい。

 もっとも、裏を取られるほど相手も走ってこなかったので、完全に崩されたケースはなかった。

           

 

 

 

 終わってからは、ウメッシに新宿駅まで送ってもらい、西口の居酒屋でランチ。

 かなり体力をロスしていたからか、箸が進む。

 なんて健康的な休日の過ごし方なんだろう。

 

| コメント (0)

20190330王子(練習試合)

王子でレイケルメチームとの2度目の対戦。

今回は、レイケルメの愛娘も参戦。

監督か?マネージャーか?

どちらになるか不明だが、大人に囲まれても泣かないので、度胸がある。

20190330-2_1

 

そして、この日はブリキマンが10人もいたので、人数が多くて余裕があるパターン。

こういう日は、とにかく休みなくゲームを続けて、相手の体力がなくなるのを待つのみ。

どんどん回していこう。

が、あまり決め事をせずにゲームに入ったからか、1試合目はマークに付ききれずに守備が後手に回る。

守備が後手に回って良いことは1つもない。

そこに気づいたので、2試合目から修正。

とにかく人に付いて、マークを余らせない。

何故か失点をしてしまうが、得点シーンも徐々に生まれてくる。

特に、この日は後方からのスルーパスが何本も入る。

が、本当に抜けてくると思わずに、ゴール前での詰めが足りずに逃してしまうシーンが多かった。

20190330-1

20190330-8

 

 

この日は、久しぶりのワッキーが参戦。

ブリキマンが誇る「Wゴレイロ」という贅沢な日だが、ワッキーはサッカーの試合が控えているため、抑え気味のプレー。

「熱くないワッキーなんて見たくない」という悲痛な声も空しく、前線で身体を張るワッキーは見られなかった。

20190330-4

 

結局、後半は足が止まった相手に対して、構わず休み無しでゲームを繰り返して終了。

守備はまあまあ改善されたものの、タイトにはできず終いだった。

20190330-7 

20190330-5

20190330-3

その後、カワイの撮ったビデオで反省会@集っこ王子。

120インチの大型スクリーンではJリーグもやっていて、意外と面白い空間。

ベテランのおかみさんトークが冴え、名物か分からない王子おでんも食す。

そうだ、周年パーティーはここでカワイMovie(編集版)を見ながら貸し切って飲もう。

最後は締めのラーメンでシャチョーが大学生のようなボリュームで食べているのに驚きながら終了。

週末の良い過ごし方だった。

| コメント (0)

20190202府中(ABECUPリーグ)

 ABECUPのWinterリーグ最終節。

 ほしばっじおは途中から合流のため、3試合目まではダイジェストで。

 1試合目:勝ちたかったが、今一つ押しきれずドロー。

 2試合目:試合終了間際にカワイのドンピシャシュートで1-0辛勝。

 3試合目:押せ押せムードで快勝。

 なお、オーハラは2度も女性にボールをぶつけてしまい、自責の念で凹んでいた。




 4試合目は、ますらおが相手。

 このチームはスピードがあるわけでもないし、マークも厳しくない。

 そのため、攻めたくなってしまうが、本職ゴレイロが巧いし、なかなか点が取れない。

 そして、必ずトップに1人張り付いているので、マークが空いてしまう。
 気付いたら常に守備が1対2の状況になっている。

 これで1点先行されてしまうと、焦って相手のペースにハマってしまう。
 正にこの悪いパターンに陥ってしまい、攻めるが点は取れず、逆に取られる。

 終わってみれば0-2で完敗。





 ここで悪い流れを残したくないため、チーム内で反省。

 やはり、ブリキマンは守備からきっちりと入らないといけない。

 そこで活路を見出して攻めに転じる。

 試合の中で修正できなくても、せめて大会の中で修正できることが大事。

20190202_1



 次の試合は、大会の中でも頭1つ抜けている高道ジャパン。

 相手がベストメンバーでないにせよ、強豪であることは間違いない。

 そのため、ハードワークで守備をきっちりすることから入った。

 コートの外からも声をかけてマークを空かせない。

 しっかり詰めていればコースも切れる。

 体を張って対峙して、ギリギリのところで守り切る。

 相手もかなり焦れてきて、シミュレーションまがいのダイブも出てくる。

 相手FKもゴールのギリギリに飛んでくる。

 キャプテンがギリギリでかき出し、シャチョーがギリギリで蹴り出し、守る守る。

 2人で挟み込めば、オーハラから「2人で挟んだら取り切ろう!」と声が出る。

 あまりの緊張感に、交代もしにくい展開。

 それでも最後まで守り切って、ドローで終了。

 最後の最後は攻め始めていただけに、もう少し時間があれば勝てたかも。

 ちなみに、シャチョーからのスローをキャプテンがボレーで決めそうだった。

 決まればビューティフルゴール。 

 とにかく全員が集中して戦った試合だった。

20190202_4




 この調子で最後の試合も、というところだったが、R29相手に崩れてしまった。

 1点目を取ったところまでは良かったが、まさかの4失点で逆転負け。

 R29の助っ人が強力だったこともあるが、悔いの残る敗戦。


20190202_6


20190202_5

20190202_3





 というわけで、リーグ全体の結果は7チーム中3位。

 最終節でもう少し勝てていれば2位でフィニッシュできたので、残念。

 本当に残念。

 なお、他チームからのチームMVPはイッチーノだった。




 終わった後は、カワイが撮影してくれたGoPro映像を見ながら反省会。

 ちなみに、第2節は反省会というより裁判だったらしい(笑)。
 今回は、反省したり、褒めたり、色々話ができて良かった。

 記憶が鮮明なうちに振り返りができるのは良いこと。

 更に、あとでカワイがWebにアップしてくれる。サンキュー。




 リーグの結果は残念だったけど、学びの多いリーグだったと思う。

 夏にはSummerリーグがあるようなので、次はもっと良い結果を目指そう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

20181222府中(ABECUPリーグ)

 何度もお世話になっているABE CUPが、ついにリーグ戦を立ち上げ。

 ということで、我らがブリキマンも参戦を表明し、この日が第1節。

 
 このABE CUPリーグだが、7チーム参加で第3節まである。
 しかも、各節で総当りなので、同じ相手と合計3回当たるのだ。

 コスパ的には嬉しい試合数。

 しかし、油断すると総崩れして差が開くので、気は抜けないリーグ戦だ。

 2018年は公式試合が少なかったので、こういう緊張感は良いかもしれない。



 が、この日集まったメンバには攻撃陣がいないという不利な状況だ。

 そして、雨も降っていて気温が低いというコンディションの悪さ。

 ボールが滑ってトラップが収まらないし、バウンドするとかなり伸びてしまう。
 不安だけが頭の中をよぎる。




 とりあえず、カワイをピボに置き、ダイヤモンドの形を維持。

 ノブは各試合で半分のみ出場と割り切って組み、とにかく全員でハードワーク。

 試合前からコミュニケーションをとり、約束事を確認する。

20181222_1




 すると、初戦で0-0になり、手応えを感じる。
 ずば抜けて良いわけではないものの、しっかり集中できている。
 声を掛け合うことでマークのズレがなくなり、悪い崩れ方をしていない。

20181222_2



 2試合目は1-0。
 
 意外とカワイのピボがはまり、ハラーショがナイスゴール。

 後で見返すと、このチームが2位だったので殊勲のゴール。
 3試合目は1-1。
 格上が相手だが、最後にオーハラのシュートが決まり、何とかドローに持ち込む。
 4試合目は2-1。
 同点に持ち込まれたが、ラストプレーでほしばっじおのシュートで逆転。

 (ただし、失点はほしばっじおのミスだったので、プラマイゼロ)
 5試合目は2-0。
 最下位チームが相手だったからか、ブリキマンがイケイケの攻めに(笑)。

 6試合目は0-1。
 高道ジャパン相手によく耐えたが、一瞬マークを外し、ミドルを決められた。

 その後、猛追するも、結局は点を奪えずに悔しい敗戦となった。

20181222_3

20181222_4

20181222_5

20181222_6




 試合前のアップで鳥かごをやったからか、パスがきちんと回った。

 そして、とにかく声を掛け合うことで集中し、ハードワークができた。
 (恐らく7チーム中で最も声を出していたはず)

 最後の試合は追いつけるものだっただけに、相当悔しかった。




 これで2018年も蹴り収めということで、府中駅の近くで乾杯。

 店内装飾がやたらと騒々しい店だったが、とにかく安くて居心地も良かった。

 カワイが導入したGoProで試合の反省をしながら飲むのもまた楽しい。

 後半には、客の誰かが誕生日ということで、皆でハッピーバースデーを歌う。

 飲んでいるときの話題はくだらないものだったけど(笑)、それがまた楽しい。

 ということで、良い形で終われた2018年だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

20181013王子(練習試合)

 今日は、レイケルメの高校同級生チーム「ロスト」との練習試合。

 他競技だったり、ボールを蹴るのは久しぶりという40代の人ばかり。
 
 ただ、1人だけ中学生のポグバがいた(笑)。





 試合前は、ブリキマンの新米マネージャー「ニカ」が初お披露目。

 あまり物怖じせず、むしろコートに入って邪魔なくらい・・・。

 これからよろしくお願いします。

20181013_1



 ゲームは、意外にも接戦になる。

 というか、相手のペースに合わせてもらう悪い癖が出てしまった。

 展開としては緩いのに、先手を取って積極的に攻めていけない。

 もっとも、今日のブリキマンは攻撃の選手がいなかった。
 
 また、相手ゴレイロが当たっていたということもある。

 が、それにしてもマークが甘かったり、シュートまで行くも得点できず・・・が続いた。

 それでも、時には光るプレーもあった。

 パスがうまく繋がってゴールとか、ロングスローにワンタッチゴールとか。

 こういうゴールが出てくると盛り上がる。

20181013_7

20181013_6
20181013_5

20181013_3

20181013_2


 そういえば、レイケルメは引退試合かのように、両チームで参加していた。

 そして、誰もいない場所にトリッキーパスを繰り返していた。

20181013_4

 
 フットサルが終わった後は、同じビル内で飲み会。

 12周年なんだけど、キャプテンがいないという名目を付けにくい飲み会。

 でも、ワイワイ飲んで楽しかった。

 なぜかカンボジアでの合宿に行こうという話が出てきた。

 そして、ほしばっじお、シャチョーと立て続けに寝る人間が続出。

 それにしても、何を話したか大して覚えていないが楽しく飲めた。

 (カワイさんが偉い人だということを話したことは覚えている)

 そのまま出た後にシャチョーが行方不明になったが、結局そのまま解散。

 無事に帰れたんだろうか・・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

20180909_神宮外苑(練習試合)

 今日は、最近よく対戦しているFC.BEERSさんとの練習試合。

 5人だけで消耗戦になるかと思っていたが、直前でオーハラくんが参戦表明。

 やっぱり、本気になったらオーハラ、だ。






 今日の3チームでゲームを回す形式。

 FC.BEERSさんと組んで良いのは、ちょうど良いレベルの相手がもう1チーム来ること。

 毎回違う相手というのもあり、マンネリ化しなくて良い。

 今日もまたブリキマンより少し上くらいのチームが来ていた。




 今日は交代枠が1人という状況なので、効率的に交代を回す作戦。

 周りを見ると、チーム人数はブリキマンが一番少ない。

 加えて暑さもあったので、消耗戦にならないように1試合の中で何度も交代。

 これが体力が最後まで持ち、疲弊しなかった理由だ。

20180909_2




20180909_4





 
 加えて、この日は、シャチョーからの「パス3本繋げ!」のコーチングが奏功。

 いつも単発でパスが取られてピンチになっていたので、パス3本で落ち着く。

 パスを3本繋ぐには前向きばかりでは難しいので、局面によってはバックパスもあり。

 これで立て直しができるので、いつもより危ない場面が多くなかった。

20180909_3

 そして、何よりも今日の勝因は、ウメッシのゴール祭り。

 (おそらくブリキマン史上初の)全ゴールをウメッシが叩き出すという爆発ぶり。
 
 ウメッシばかりにボールを集めたわけではないので、調子が良かったことが分かる。

 圧巻は、後方のオーハラくんから特大ループパスをゴール前できれいに捌いてゴール。

 今日は相手の本職のゴレイロがいなかったが、それでも大活躍だった。

20180909_6

 というわけで、今日は適度の疲労感と、全試合負け無しで気持ちよく終わった。

 人数が少ないなりにうまく回って良かった。




| コメント (0) | トラックバック (0)

20180729神宮外苑(練習試合)

 心配された台風は昨日のうちに去ったので、今日は快晴。

 最近の猛暑からすると、最高気温31度というのは、過ごしやすくさえ感じる。

 しかも、神宮のコートでは木陰がある。

 よし、今日は走れるぞ。

 と思ったが、やっぱり実際に走ってみると暑い。

 暑さだけで体力を奪われる夏が本格的に来ている。




 が、今日は8人いたので、交代もうまく使えばうまくいきそう。

 そんな緩い感じで入ってしまったためか、初戦から危ない展開。

 大して強い相手でもないのに、どうもマークが合わない。

 そうこうしているうちに修正もできずに、0-0と0-1。

 何とも悪い入り方だ。




 だが、今日はここからが違った。

 1試合休んで2試合連続というタームだったが、2回目タームからは絶好調。

 1点、2点取るのは当たり前で、3-0や4-0が続く。

 中でも、今日はカワイの日。

 ウメッシがことごとく相手ゴレイロに取られるのとは真逆でお祭りのように入る。

 確かに相手ゴレイロはうまかったが、カワイが打つと入る。

 ちょっと神がかっているようだった。

20180729_2

20180729_7




 もちろん、こちらのゴレイロのシャチョーも活躍。

 暑くて雑になりがちなところを、しっかり相手との間合いを見てセービングしていた。

 もっとも、この「暑くて雑になりがち」なところは要注意。

 相手がそれほど怖くなかったものの、マークはよくずれていた。

 特に、相手が中央から攻めてきて誰かがサイドを走ると付いていないことが多い。

 今日はそこまで攻め込んでくる相手ではなかったので、大事には至らなかった。

 が、強い相手であればパスで崩されてしまうパターン。

 大勝の陰で、こういう悪い点も見逃してはいけない。

20180729_3





 とはいえ、今日のように暑い中で怪我無く終われたのは良いこと。

 帰りにパパDも言っていたが、「もう少しできる」ところで終わったのが良い。

 集中していたからだし、2時間があっという間だった。

20180729_4

20180729_6

20180729_5



 

| コメント (1) | トラックバック (0)

20180624北区新町(こちサル)

 今回は、初めての場所(新町コミュニティアリーナ)でのフットサル。

 体育館なので、蒸し暑い!

 1試合走っただけで汗が止まらない。




 この日は4チームでの総当たり戦。

 久しぶり参加のレイケルメ、そして、カワイ、ほしばっじお、と守備が揃う。

 が、その割に、かっちりと守備がハマらない。

 いや、ハマってはいるんだが、どうしても1チームだけ勝てない。

 そう、こちサルにもよく参加している男女ミックスチームだ。

 6番の脱力系イケメン、9番の特攻系女子、ヒゲのちょっと態度悪い男、その他2名。

 このチームが巧いのは、ゴレイロも含めて圧力をかけて攻撃すること。

 5人がフィールドになるので、マークは必然的に1枚浮いてしまう。

 ゴールが空くというリスクがあるが、そこは割り切っているように見える。

 そして、6番が左でボールを持つと、必ず右から9番が走りこんでくる。

 分かっているはずなのに、どのチームもこのパターンで失点してしまう。

 ブリキマンも、ひどいときはこのチームに6点も取られてしまった・・・。

 立て直してマークをしっかりすると、この失点パターンは防げた。

 が、今度は、ミドルシュートをズドンと決められてしまう。

 (ゴレイロのブラインドになってしまうらしい)

 うーむ、このチームにはどうしたら勝てるのか?!

20180624_2




 というわけで、こちサル主宰の大場さんに聞いてみた。

 話が長かったのと、情報が間違っている部分もあったので、差し引いた要約は以下。

 ・ チームとして、強弱がない。全員が常に全力で走っている。

 ・ 共通認識がないのか、バラバラで動いている。
  
  (アタックしてほしいときで行かず、行かなくて良いときにアタックしている)

 ・ アンカーがいないとき、ポッカリとゴール前のマークが空いてしまう。

 ・ 外からの声はあるが、コート内でのコーチングの声が無い。


 確かに、思い当たる部分が沢山ある。

 ここは各人が考えながら、そしてもっとコミュニケーションをとりましょう。

 なかなか良いチームなので、また対戦したい。

 (が、あのヒゲの男はファールが多くて口も悪いので、どこかで潰す)



20180624_5

20180624_4

20180624_3


 にしても、悪いことばかりではなかった。

 良い攻撃の形もあったり、全員が得点したので。

 全部を改善することはできなくても、少しずつ直していきましょう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

20180527神宮外苑(練習試合)

 かなり時間が経ってから書くので、あまり詳細は覚えていない。

 とはいっても、とにかくボロボロにやられたことだけは覚えている。

 この日は、確かに、6人しか集まらなかった。

 そして、暑かった。

 が、それにしてもやられすぎ。

 ※個人的には、ほしばっじおも全然体力が持たず、帰陣がかなり遅れた。

20180527_3

20180527_1


 攻撃は、マツシタくんが良かったくらい。

 恐らく、ウメッシよりも枠に行っているだろう。

 それでも、全体的はマークもずれて、いいようにやられてしまった。

 最も悪かったのは、危ないエリアでもアタックできなかったこと

 Delayでも良い場面は確かにあるが、自陣ゴール前でも距離をとってしまった。

 そのため、単にゴレイロのブラインドになっただけで、シュートは打たれ放題。

 これはチームとして絶対に直していかないといけない問題。

 というわけで、暑い中、ボロボロにやられてしまい、何とも悔しい日になった。

 7月にリベンジマッチがあるので、次こそはしっかりやりたい。

20180527_6

20180527_5

| コメント (0) | トラックバック (0)

«20180324有明(ソサイチ)